包茎手術の料金の相場はどれくらい?比較の参考にしよう!

包茎の種類と施術方法によって異なる料金相場

包茎手術の費用は治療する包茎の種類で異なりますが、施術の方法でも大きく変わってきます。
皮が余っているが手でむくことができる「仮性包茎」の手術料金の相場は5万~7万円前後で、亀頭を全く露出できない「真性包茎」の場合は15万~18万円、包皮口が狭くて亀頭を露出すると締め付けられる「カントン包茎」の場合は13万~17万円前後が相場となっています。
更に施術の方法によっても異なり、性感帯でもある「裏すじ」を残して自然な仕上がりになる「ダブルVカット法」なら約5万円、包皮の内部の組織を整えることによって美しい形状に仕上げる「皮下修正法」の場合は6万円がそれぞれプラスされます。
また、カントン包茎などの締め付けが強い状態に適応する「絞扼輪除去法」は、その施術の複雑さから最も高額で料金の相場は10万円前後です。
包茎手術は、長茎術などの他の手術と比べると比較的安価な料金体系となっています。

総合病院と町の泌尿器科、美容クリニックの料金比較

包茎手術の料金は、包茎の種類や施術方法に加えてどこで施術を受けるかで大きく変わるため比較検討することが大切です。
総合病院などの大きな病院で施術を受ける場合の最大のメリットは、「保険」が適用されることにあります。
手術費用も安く総額で10万円くらいが相場ですが、基本的に見た目や美容面に関する配慮がありませんのでそれがネックとなっています。
なお、仮性包茎の場合は施術をしてくれない場合が多いので注意が必要です。
町の泌尿器科の場合は全ての包茎の種類に対して施術をしてもらうことができますが、保険が適用されないことが多いため料金相場は10万~15万円となっています。
美容クリニックの場合は、見た目の配慮をしてくれるため美しい仕上がりになることが特徴です。
ただし、町の泌尿器科と同様に保険が適用されないことが多く、料金に関しても包茎の種類に関わらず20万~30万円が相場と高めの設定になっています。

まとめ

このように、包茎手術を検討する場合は包茎の種類と希望する施術、総合病院やクリニックなどのどこで治療を受けるかの2つを比較する必要があります。
しかし、適正と思われる費用でも最低10万円は用意しなければならないなど決して安価ではありません。
学割や紹介割などお得に施術を受けられる制度を採用している場合もありますので、比較検討している病院やクリニックなどの公式サイトをあらかじめ確認しておくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です